自動車部材ソリューション

安全性と生産効率の追求が私たちの役割です。

当社が開発した『ピオセラン』をはじめとする多様な発泡材料の中から適切な材料を選定し、徹底した各種環境試験を行うことで、高い安全性能を追求いたします。
また、生産効率を考慮した成形拠点の選択、万全のバックアップ体制の整備で多角的にお客様をサポートいたします。

採用例写真

自動車部材ソリューション3つのポイント

より軽く、より安全、高度な技術力

設計したものがお客様のご要望を満たしているか、より性能を向上できないか。
当社が保有する多様な発泡材料から技術要望に応える材料を選定し、材料の基礎データから形状設計を行い、高速度カメラを使用した実験とその結果を分析し、徹底追求します。設計・製図は、2Dはもちろんのこと、CATIA、PRO/Eをはじめ各種3DCADにも対応しており、お客様の開発スタイルに対応いたします。評価は各種静的強度をはじめ、衝撃強度や使用状況を想定した各種環境試験を実施しております。

各種実験設備

安定供給体制

途切れる事なく大量生産されている自動車の生産。部品を安定して生産し供給することが求められています。このために複数の生産拠点準備や、製造設備の信頼性向上など連続生産を支えるために安定供給体制作りを行っています。

2次加工・きめ細かい対応

自動車に部品として使用するためには、発泡樹脂成形品に細かな2次加工が求められることがあります。吸音用のフェルト張りや取り付け用の金属・樹脂部品の取り付けなど、さまざまなご要望にお応えいたします。

嵩上げ材 嵩上げ材

お問合せいただいてからの流れ

発泡体の優れた特長を活かし、ソリューションを提供するのが私達の役割。
お打ち合わせの時から同行し、お客様の技術要望をお伺いする事から生産準備に至るまで一貫してサポートします。

お問合せいただいてからの流れ

採用例

自動車部材ソリューションにおける採用例をご紹介いたします。

内装部品

衝撃吸収材としてバンパーの芯材やティビアパッド(下肢部衝撃吸収材)として多数のモデルにご採用いただき衝突安全性の向上に貢献しています。
●高い機能性
耐衝撃性において、EPPに比べ約1.2倍の性能(同じ発泡倍率で比較した場合)を発揮します。また、寸法安定性にも優れ、精密、かつ、複雑な設計デザインが可能です。
●軽量化
高強度特性により、EPPと比べて高倍率化・薄肉化のデザインが可能、軽量化を実現します。
●効率化によるコストダウン
軽量化効果以外でも、汎用設備で生産可能なため、お客様に一番近い成形加工拠点からお届けすることができます(物流費・物流CO2削減)。また、成形時の圧力が低く、使用する燃料を抑制できます(成形加工費低減)。

内装部品

座席シート部品

近年、ピオセランの座席シート部位への採用が急速に広がっており、さまざまな効果が期待できます。
■乗員保護性能の向上(衝突時に乗員保護)
 ・鞭打ち対策
 ・腰部保護
 ・サブマリン対策(衝突時に乗員の沈み込み防止対策)

●軽量化の達成
 ・従来のウレタン単体シート構造に比べ、ウレタン+ピオセラン(複合化)による軽量化を実現

座席シート部品
ページの先頭に戻る